レシピ集
ラーメン作り方
餃子の焼き方
パスタの作り方

有限会社 太陽

〒989-0232
宮城県白石市福岡長袋字坂下20
TEL 0224-25-8841
FAX 0224-24-4166
info@sumikko.co.jp


大きめの鍋にたっぷりお湯を沸かします。
どんぶりに熱湯を入れあたため、スープの袋ごと入れ、両方あたためます。

※事前にあたためていないどんぶりや液体スープに熱湯を入れると、スープがぬるくなり美味しくいただけません。
スープは正油300cc、味噌450ccくらい熱湯を入れて作っておきます
鍋のお湯が沸騰したら、麺をよくほぐしながらいれ、約2分半〜3分ふでます。
(熟成の具合で多少異なります)
ゆで上がったら、よくお湯を切り、スープに入れてお召し上がり下さい。
  ※炭は水分を吸収しやすいため、お召し上がり普段より水分を多目にお取り下さい。
※冷凍麺をゆでる時は解凍せずそのままゆでてください。
※麺は、冷凍で3か月保存可能です。




炭っこ麺をかために茹でて(約1分)お湯を切り、油をからめておきます。
フライパンで野菜やお肉などの具材を炒めた後、@の炭っこ麺とソースを入れて、炒めたら出来上がり。


炭っこ麺を少しやわらかめ(3〜4分程度に茹で流水で麺を冷し、水を切ります。
麺を器に盛り、お好みの野菜(水菜・レタス・きゅうりなど・・・)をのせて、ドレッシングをかけて出来上がり。


炭っこ麺を1分茹で、お好みの長さにブツ切りにします。
お好み焼きの粉と具にまぜ、焼きます。両面がきつね色に焼けたら、ソースをかけて出来上り。


フライパンを強火で1分前後加熱します。

※ホットプレートの場合、強で3分間加熱します。
凍ったままの餃子を並べて(餃子と餃子の間を3mm位空けて下さい。)
熱湯を50cc入れます。
ふたをし、2分蒸し焼きにします。

※炭は熱の通りが良いために、蒸しすぎると味が落ちてしまいます。
2分がすぎたら、残っている熱湯はすて、油を大さじ1杯弱まんべんなくならして約2分ふたをして焼きあげます。

タレは、付属の正油や酢を合わせたものはもちろん、お好みのドレッシングやパスタソースなどでもおいしく召し上がれます。

※炭は水分を吸収しやすいため、お召し上がり後は、普段より水分を多目にお取り下さい。
 


そのほか、餃子パーティーなどで一度にたくさん焼いてみんなでワイワイ食べるのもいいですよ!また、炭っこ餃子は普通の餃子と違い、冷めてもおいしくいただけますので、お弁当にも最適です。

 


大きめの鍋に、たっぷりと湯を沸かし沸騰してからパスタを入れ、3分位(お好みの固さに)ゆでます。
ゆで上がったパスタの汁気を切りオリーブオイルをからませる。
器にもって別添のソースをかけてお召し上がりください。



Copyright(c)2009 有限会社太陽 All Rights Reserved